リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

結婚観

結婚を機にしたいことの11月月間におけるTOP5は、「① ライフプランを考えたい」「②(自分と)結婚相手との絆やつながりを確認したい」「③ 親に結婚して幸せになった姿を見せてあげたい」「④ 家族・親族・友人などにこれまでの感謝の気持ちを伝えたい」「⑤ 二人が結婚したことを実感できるようなことをしたい」であった。1位はすべての年代で「ライフプランを考えたい」であった

今後の結婚観について

今後のライフプランを
考えたい

11月調査

  • 15〜19歳65.1%
  • 20代63.2%
  • 30代57.1%

(自分と)結婚相手との絆やつながりを
確認したい

11月調査

  • 15〜19歳60.0%
  • 20代57.6%
  • 30代49.9%

親に結婚して
幸せになった姿を見せてあげたい

11月調査

  • 15〜19歳63.6%
  • 20代52.2%
  • 30代49.9%

家族・親族・友人などに
これまでの感謝の気持ちを伝えたい

11月調査

  • 15〜19歳57.4%
  • 20代56.0%
  • 30代41.5%

二人が結婚したことを
実感できるようなことがしたい

11月調査

  • 15〜19歳56.4%
  • 20代53.5%
  • 30代41.0%

そう思う割合=5段階評価のうち、「非常にそう思う」「ややそう思う」の合計

【5月調査】15〜19歳:n=198、20代:n=379、30代:n=349
【8月調査】15~19歳:n=197、20代:n=390、30代:n=354
【11月調査】15~19歳:n=195、20代:n=389、30代:n=371

結婚観

結婚しても、それぞれの時間や
プライベートは大事にしたい

11月調査

  • 15〜19歳73.3%
  • 20代73.5%
  • 30代73.3%

結婚したら
お互いを尊重し合えるような関係でいたい

11月調査

  • 15〜19歳72.3%
  • 20代69.7%
  • 30代70.4%

結婚したら重要なことは
相手と相談しながら決めたい

11月調査

  • 15〜19歳64.6%
  • 20代60.7%
  • 30代57.7%

結婚をしても
自分のやりたいことを犠牲にする必要はない

11月調査

  • 15〜19歳73.3%
  • 20代71.5%
  • 30代70.9%

結婚生活の家事・育児は、
できるだけ夫婦で分担した方がよい

11月調査

  • 15〜19歳73.3%
  • 20代73.5%
  • 30代73.3%

そう思う割合=5段階評価のうち、「非常にそう思う」「ややそう思う」の合計

【5月調査】15~19歳:n=198、20代:n=379、30代:n=349
【8月調査】15~19歳:n=197、20代:n=390、30代:n=354
【11月調査】15~19歳:n=195、20代:n=389、30代:n=371

AND MORE

「ライフプランを考えたい」人は「ライフプランを考えない人」と比べて「きちんと儀式をしたい」「披露宴・披露パーティをしたい」「二人が結婚したことを家族・親族・友人などに承認してもらいたい」「二人の結婚を広くみんなに祝福してもらいたい」と回答。二人と関係性のある人達と、今後も良好な関係性を保ちたいと考えており、そんな目的のひとつの手段として結婚式を検討している可能性も。


きちんと儀式をしたい

いわゆる”披露宴・披露パーティ”をしたい(親族以外も含めた招待客、花嫁衣裳有、挨拶等プログラムに沿っての進行等)

二人が結婚したことを
家族・親族・友人などに承認してもらいたい

二人の結婚を広くみんなに祝福してもらいたい

  • 「そう思う」人の割合[5月・8月・11月全体計]:各単一回答
  • あてはまる割合=5段階評価のうち、「非常にあてはまる」「ややあてはまる」の合計

【5月調査】15~19歳:n=30、20代:n=141、30代:n=82
【8月調査】15~19歳:n=36、20代:n=140、30代:n=86
【11月調査】15~19歳:n=39、20代:n=132、30代:n=90

コミュニケーション

コロナ禍の中で、仕事でもプライベートでも一定の活用の広がりをみせたオンラインコミュニケーション。恋人との連絡手段ではどうだったか。いずれの時期も非対面寄りと比べて対面寄りが多いが、10代では“非対面寄り”が多い結果に。また学校が夏休みとなり、リアルで会う機会ができた影響からか、10代での8月の非対面寄りが大幅に減少している。

恋人と、どのような手段で連絡(直近3カ月)を取ることが多いですか

全体

11月調査

  • 対面寄り44.7%
  • 非対面寄り38.3%

10代

11月調査

  • 対面寄り25.7%
  • 非対面寄り60.0%

20代

11月調査

  • 対面寄り45.7%
  • 非対面寄り39.5%

30代

11月調査

  • 対面寄り50.6%
  • 非対面寄り28.1%

「対面寄り」=対面の割合が6割以上の人「非対面寄り」=ネット、オンライン、電話、手紙等の割合が6割以上の人

【全体】15~19歳:n=100、20代:n=404、30代:n=252
【5月調査】全体:n=248、15~19歳:n=30、20代:n=138、30代:n=80
【8月調査】全体:n=255、15~19歳:n=35、20代:n=137、30代:n=83
【11月調査】全体:n=253、15~19歳:n=35、20代:n=129、30代:n=89

AND MORE

8月11月「対人関係において、リアルで会う機会が減ることは自分にとって望ましくない」が10代で最も高い。「人と人との絆は実際に会って時間を過ごすことで強まると思う」では10代に加えて30代でも増加傾向。


対人関係において、リアルで会う機会が減ることは自分にとって望ましくない

11月調査

  • 15〜19歳59.0%
  • 20代44.7%
  • 30代40.0%

人と人との絆は実際に会って
時間を過ごすことで強まると思う

11月調査

  • 15〜19歳64.1%
  • 20代60.6%
  • 30代62.2%

「対面」寄り=対面の割合が6割以上の人「非対面寄り」=ネット、オンライン、電話、手紙等の割合が6割以上の人

【5月調査】15~19歳:n=30、20代:n=141、30代:n=82
【8月調査】15~19歳:n=36、20代:n=140、30代:n=86
【11月調査】15~19歳:n=39、20代:n=132、30代:n=90

消費観

大きな買い物の際の重視ポイントにおいて、11月調査で10代と全体との差分が大きかったもの上位5位をピックアップ。全体と10代の差が大きかったのは「恋人・親友・友達の好みやアドバイス」「周りからの見え方、世間体」「家族の好みやアドバイス」「『限定モノ』や『流行モノ』であるか」「環境問題などへの影響」であった。

消費の意識

恋人・親友・友達の好みやアドバイス

11月調査

  • 15〜19歳53.3%
  • 20代44.5%
  • 30代30.2%

周りからの見え方、世間体

11月調査

  • 15〜19歳44.1%
  • 20代33.7%
  • 30代22.6%

家族の好みやアドバイス

11月調査

  • 15〜19歳49.7%
  • 20代40.6%
  • 30代29.6%

「限定モノ」や「流行モノ」であるか

11月調査

  • 15〜19歳35.9%
  • 20代27.2%
  • 30代19.1%

環境問題などへの影響

11月調査

  • 15〜19歳34.4%
  • 20代26.0%
  • 30代19.1%

重視する割合=5段階評価のうち、「非常に重視する」「やや重視する」の合計

【5月調査】15~19歳:n=198、20代:n=379、30代:n=349
【8月調査】15~19歳:n=197、20代:n=390、30代:n=354
【11月調査】15~19歳:n=195、20代:n=389、30代:n=371

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。
また、ご使用に際して「株式会社リクルートお問い合わせ窓口」までご一報ください。

調査概要

調査地域 日本全国
調査方法 インターネットによるアンケート調査
調査時期 5月 2021年5月10日(月)~-2021年5月12日(水)
8月 2021年8月11日(水)~2021年8月12日(木)
11月 2021年11月5日(金)~2021年11月7日(日)
調査対象 全国の15~49歳の男女
調査人数 各月1,400サンプル
  • 性別(2セル)・5歳刻み年代別(7セル)を掛け合わせた合計14セルを
    それぞれ100サンプルずつ均等割付をして回収した
  • 本調査ではウェイトバック集計は行っていない
出典記入方法 「未婚者定点調査(リクルートブライダル総研調べ)」と必ず明記ください