リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

01.結婚観

今後のライフプランを考えたい

01.結婚観

(自分と)結婚相手との絆やつながりを確認したい

01.結婚観

親に結婚して幸せになった姿を見せてあげたい

01.結婚観

家族・親族・友人などにこれまでの感謝の気持ちを伝えたい

01.結婚観

二人が結婚したことを実感できるようなことがしたい

01.結婚観

結婚したことを形や記録に残したい

01.結婚観

記念に特別なことがしたい

01.結婚観

二人が結婚したことを家族・親族・友人などに承認してもらいたい

01.結婚観

結婚しても、それぞれの時間やプライベートは大事にしたい

01.結婚観

結婚したらお互いを尊重し合えるような関係でいたい

01.結婚観

結婚したら重要なことは相手と相談しながら決めたい

01.結婚観

結婚をしても自分のやりたいことを犠牲にする必要はない

01.結婚観

結婚生活の家事・育児は、できるだけ夫婦で分担した方がよい

02.コミュニケーション

大切な話をするときには、実際に会って話をしたい

02.コミュニケーション

親しい友人や家族と時間を過ごすときには、できる限り直接会いたい

02.コミュニケーション

人と人との絆は実際に会って時間を過ごすことで強まると思う

02.コミュニケーション

恋人と、どのような手段で連絡(直近3カ月)を取ることが多いですか

03.消費観

恋人・親友・友達の好みやアドバイス

03.消費観

周りからの見え方、世間体

03.消費観

家族の好みやアドバイス

03.消費観

「限定モノ」や「流行モノ」であるか

03.消費観

環境問題などへの影響

03.消費観

用途や他の物との組み合わせ

03.消費観

最新のものか

03.消費観

自分らしさを表現するため

03.消費観

自分の将来のため

03.消費観

自分の使命や志を全うするため

03.消費観

新しい体験をするため

03.消費観

自分の欲求を満たすため

03.消費観

自分の好きなものや趣味を追求するため

03.消費観

安全・安心な暮らしをするため

03.消費観

自己成長、自分磨きのため

03.消費観

自分の精神的な安定のため

03.消費観

家族や友人など大切な人と時間を過ごすため

結婚観

結婚を機にしたいこと

8月調査におけるTOP5は、「①ライフプランを考えたい」「②プロポーズをしたい、されたい」「③(自分と)結婚相手との絆やつながりを確認したい」「④結婚したことを形や記録に残したい」「⑤親に結婚して幸せになった姿を見せてあげたい」であった。

今後のライフプランを
考えたい

8月調査

  • 全体57.9%
  • 15〜19歳63.3%
  • 20代58.7%
  • 30代53.8%

(自分と)結婚相手との絆やつながりを
確認したい

8月調査

  • 全体50.0%
  • 15〜19歳63.3%
  • 20代52.1%
  • 30代40.2%

親に結婚して
幸せになった姿を見せてあげたい

8月調査

  • 全体48.8%
  • 15〜19歳56.8%
  • 20代52.3%
  • 30代40.5%

家族・親族・友人などに
これまでの感謝の気持ちを伝えたい

8月調査

  • 全体48.7%
  • 15〜19歳65.8%
  • 20代50.5%
  • 30代37.1%

二人が結婚したことを
実感できるようなことがしたい

8月調査

  • 全体48.3%
  • 15〜19歳60.3%
  • 20代49.2%
  • 30代40.5%

結婚したことを形や記録に残したい

8月調査

  • 全体49.8%
  • 15〜19歳61.8%
  • 20代54.9%
  • 30代37.4%

記念に特別なことがしたい

8月調査

  • 全体48.0%
  • 15〜19歳62.8%
  • 20代53.3%
  • 30代33.7%

二人が結婚したことを家族・親族・友人などに承認してもらいたい

8月調査

  • 全体46.7%
  • 15〜19歳54.3%
  • 20代50.8%
  • 30代38.0%

そう思う割合=5段階評価のうち、「非常にそう思う」「ややそう思う」の合計

【2021年5月調査】全体:n=926、15~19歳:n=198、20代:n=379、30代:n=349【2021年8月調査】全体:n=941、15~19歳:n=197、20代:n=390、30代:n=354
【2021年11月調査】全体:n=955、15~19歳:n=195、20代:n=389、30代:n=371【2022年2月調査】全体:n=943、15~19歳:n=193、20代:n=389、30代:n=361
【2022年5月調査】全体:n=942、15~19歳:n=198、20代:n=391、30代:n=353【2022年8月調査】全体:n=942、15~19歳:n=199、20代:n=390、30代:n=353

結婚生活観

結婚しても、それぞれの時間や
プライベートは大事にしたい

8月調査

  • 全体71.3%
  • 15〜19歳69.3%
  • 20代71.5%
  • 30代72.2%

結婚したら
お互いを尊重し合えるような関係でいたい

8月調査

  • 全体70.8%
  • 15〜19歳70.4%
  • 20代68.5%
  • 30代73.7%

結婚したら重要なことは
相手と相談しながら決めたい

8月調査

  • 全体67.3%
  • 15〜19歳72.4%
  • 20代64.6%
  • 30代67.4%

結婚をしても
自分のやりたいことを犠牲にする必要はない

8月調査

  • 全体60.2%
  • 15〜19歳65.8%
  • 20代59.2%
  • 30代58.1%

結婚生活の家事・育児は、
できるだけ夫婦で分担した方がよい

8月調査

  • 全体70.9%
  • 15〜19歳73.9%
  • 20代69.2%
  • 30代71.1%

そう思う割合=5段階評価のうち、「非常にそう思う」「ややそう思う」の合計

【2021年5月調査】全体:n=926、15~19歳:n=198、20代:n=379、30代:n=349【2021年8月調査】全体:n=941、15~19歳:n=197、20代:n=390、30代:n=354
【2021年11月調査】全体:n=955、15~19歳:n=195、20代:n=389、30代:n=371【2022年2月調査】全体:n=943、15~19歳:n=193、20代:n=389、30代:n=361
【2022年5月調査】全体:n=942、15~19歳:n=198、20代:n=391、30代:n=353【2022年8月調査】全体:n=942、15~19歳:n=199、20代:n=390、30代:n=353

AND MORE

結婚や結婚を機としたイベントの際の「家族や友人との関わり方」への意向

結婚した際、「お互いの親戚や友達付き合いなどコミュニティを大切にしたい」という意向について、10代は53.8%と他の世代と比較して高い。また、結婚を機にイベントを行う際、「自分の家族・親族・友人などとの絆やつながりを深めたい」という意向においても、10代は60.8%となっており、他の世代よりもポイントが高かった。

結婚したらお互いの親戚や友達付き合いなどコミュニティを大切にしたい

自分の家族・親族・友人などとの絆やつながりを深めたい

【2022年8月調査】全体:n=942、15~19歳:n=199、20代:n=390、30代:n=353

コミュニケーション

コミュニケーションの価値観

8月調査におけるTOP5は、「①大切な話をするときには、実際に会って話をしたい」「②親しい友人や家族と時間を過ごすときには、できる限り直接会いたい」「③人と人との絆は実際に会って時間を過ごすことで強まると思う」「④オンラインの不特定多数の人が閲覧できる場で発信することは苦手だ」「⑤オンライン上のやりとりしかしたことが無い相手は、あまり信用ができない」であった。

大切な話をするときには、
実際に会って話をしたい

8月調査

  • 全体61.6%
  • 15〜19歳62.8%
  • 20代61.8%
  • 30代60.6%

親しい友人や家族と時間を過ごすときには、
できる限り直接会いたい

8月調査

  • 全体56.8%
  • 15〜19歳64.8%
  • 20代55.9%
  • 30代53.3%

人と人との絆は実際に会って
時間を過ごすことで強まると思う

8月調査

  • 全体54.9%
  • 15〜19歳63.8%
  • 20代55.1%
  • 30代49.6%

あてはまる割合=5段階評価のうち、「非常にあてはまる」「ややあてはまる」の合計

【2021年5月調査】全体:n=926、15~19歳:n=198、20代:n=379、30代:n=349【2021年8月調査】全体:n=941、15~19歳:n=197、20代:n=390、30代:n=354
【2021年11月調査】全体:n=955、15~19歳:n=195、20代:n=389、30代:n=371【2022年2月調査】全体:n=943、15~19歳:n=193、20代:n=389、30代:n=361
【2022年5月調査】全体:n=942、15~19歳:n=198、20代:n=391、30代:n=353【2022年8月調査】全体:n=942、15~19歳:n=199、20代:n=390、30代:n=353

恋人と、どのような手段で連絡(直近3カ月)をとることが多いですか

全体

8月調査

  • 対面寄り50.7%
  • 非対面寄り31.8%

10代

8月調査

  • 対面寄り50.0%
  • 非対面寄り38.5%

20代

8月調査

  • 対面寄り50.8%
  • 非対面寄り31.5%

30代

8月調査

  • 対面寄り50.7%
  • 非対面寄り29.9%

「対面寄り」=対面の割合が6割以上の人「非対面寄り」=ネット、オンライン、電話、手紙等の割合が6割以上の人

【2021年5月調査】恋人がいる人:n=248、15~19歳:n=30、20代:n=138、30代:n=80【2021年8月調査】恋人がいる人:n=255、15~19歳:n=35、20代:n=137、30代:n=83
【2021年11月調査】恋人がいる人:n=253、15~19歳:n=35、20代:n=129、30代:n=89【2022年2月調査】恋人がいる人:n=240、15~19歳:n=36、20代:n=131、30代:n=73
【2022年5月調査】恋人がいる人:n=259、15~19歳:n=30、20代:n=145、30代:n=84【2022年8月調査】恋人がいる人:n=223、15~19歳:n=26、20代:n=130、30代:n=67

AND MORE

「オンラインコミュニケーションの捉え方」による違い

日常生活において、10代の36.2%が「オンライン上だけのやりとりでも相手を身近に感じることができる」と回答。他の世代と差が見られた。

オンライン上だけのやりとりでも相手を身近に感じることができる

【2022年8月調査】全体:n=942、15~19歳:n=199、20代:n=390、30代:n=353


相手をオンラインで探すことに対する意識の差と恋人がいる割合

「恋人やパートナー、結婚相手をオンラインで探すのは不安だ」という設問に対し、「あてはまらない」と答えた10代は、「あてはまる」と答えた人よりも恋人がいる割合が8.0ポイント高かった

オンライン利用への不安感別/恋人がいる割合

あてはまる割合=5段階評価のうち、「非常にあてはまる」「ややあてはまる」の合計

【8月調査】15~19歳:不安だと思う n=119/不安だと思わない n=34

消費観

大きな買い物の際の重視ポイント

8月調査におけるTOP5は、「①自分の好みとあっているか」「②自分が本当にほしいもの、必要なもの(こと)か」「③自分に経済的な余裕があるか」「④長い目で見て価値があるか」「⑤経済的に費用対効果が合っているか」。前回5月調査とランキング項目と順番に変化は見られなかった。

恋人・親友・友達の好みやアドバイス

8月調査

  • 全体39.1%
  • 15〜19歳49.7%
  • 20代40.3%
  • 30代31.7%

周りからの見え方、世間体

8月調査

  • 全体32.6%
  • 15〜19歳45.2%
  • 20代31.8%
  • 30代26.3%

家族の好みやアドバイス

8月調査

  • 全体37.5%
  • 15〜19歳48.2%
  • 20代37.2%
  • 30代31.7%

「限定モノ」や「流行モノ」であるか

8月調査

  • 全体25.4%
  • 15〜19歳34.7%
  • 20代29.0%
  • 30代16.1%

環境問題などへの影響

8月調査

  • 全体24.9%
  • 15〜19歳38.2%
  • 20代22.1%
  • 30代20.7%

用途や他の物との組み合わせ

8月調査

  • 全体53.9%
  • 15〜19歳62.8%
  • 20代53.8%
  • 30代49.0%

最新のものか

8月調査

  • 全体29.7%
  • 15〜19歳36.2%
  • 20代31.8%
  • 30代23.8%

重視する割合=5段階評価のうち、「非常に重視する」「やや重視する」の合計

【2021年5月調査】全体:n=926、15~19歳:n=198、20代:n=379、30代:n=349【2021年8月調査】全体:n=941、15~19歳:n=197、20代:n=390、30代:n=354
【2021年11月調査】全体:n=955、15~19歳:n=195、20代:n=389、30代:n=371【2022年2月調査】全体:n=943、15~19歳:n=193、20代:n=389、30代:n=361
【2022年5月調査】全体:n=942、15~19歳:n=198、20代:n=391、30代:n=353【2022年8月調査】全体:n=942、15~19歳:n=199、20代:n=390、30代:n=353

モノやサービスを利用する際のお金を費やす際の価値観

自分らしさを表現するため

8月調査

  • 全体43.0%
  • 15〜19歳48.7%
  • 20代46.9%
  • 30代35.4%

自分の将来のため

8月調査

  • 全体62.4%
  • 15〜19歳67.3%
  • 20代62.1%
  • 30代60.1%

自分の使命や志を全うするため

8月調査

  • 全体40.0%
  • 15〜19歳49.7%
  • 20代41.5%
  • 30代32.9%

新しい体験をするため

8月調査

  • 全体42.3%
  • 15〜19歳47.7%
  • 20代47.9%
  • 30代32.9%

自分の欲求を満たすため

8月調査

  • 全体60.8%
  • 15〜19歳65.8%
  • 20代62.8%
  • 30代55.8%

自分の好きなものや趣味を追求するため

8月調査

  • 全体67.9%
  • 15〜19歳72.9%
  • 20代67.7%
  • 30代65.4%

安全・安心な暮らしをするため

8月調査

  • 全体61.5%
  • 15〜19歳66.8%
  • 20代62.6%
  • 30代57.2%

自己成長、自分磨きのため

8月調査

  • 全体57.2%
  • 15〜19歳64.3%
  • 20代59.2%
  • 30代51.0%

自分の精神的な安定のため

8月調査

  • 全体59.0%
  • 15〜19歳56.3%
  • 20代58.5%
  • 30代61.2%

家族や友人など大切な人と時間を過ごすため

8月調査

  • 全体53.8%
  • 15〜19歳59.3%
  • 20代55.1%
  • 30代49.3%

お金を費やしたい割合=5段階評価のうち、「積極的にお金を費やしたい」「できるだけお金を費やしたい」の合計

【2021年5月調査】全体:n=926、15~19歳:n=198、20代:n=379、30代:n=349【2021年8月調査】全体:n=941、15~19歳:n=197、20代:n=390、30代:n=354
【2021年11月調査】全体:n=955、15~19歳:n=195、20代:n=389、30代:n=371【2022年2月調査】全体:n=943、15~19歳:n=193、20代:n=389、30代:n=361
【2022年5月調査】全体:n=942、15~19歳:n=198、20代:n=391、30代:n=353【2022年8月調査】全体:n=942、15~19歳:n=199、20代:n=390、30代:n=353

AND MORE

大きな買い物をするときに信用できる情報

大きな買い物をする際に信用できる情報の特徴について調査。
「直接関わりのない有名人やインフルエンサーなどの紹介・口コミ」については、全体の38.7%に対し、10代が52.8%となっていた。

直接関わりのない有名人やインフルエンサーなどの紹介・口コミ

【2022年8月調査】全体:n=942、15~19歳:n=199、20代:n=390、30代:n=353

データご利用の際の注意点

出典を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典の記載方法についてはこちらをご覧ください。
また、ご使用に際して「株式会社リクルートお問い合わせ窓口」までご一報ください。

調査概要

調査地域 日本全国
調査方法 インターネットによるアンケート調査
調査時期 2021年5月 2021年5月10日(月)~-2021年5月12日(水)
2021年8月 2021年8月11日(水)~2021年8月12日(木)
2021年11月 2021年11月5日(金)~2021年11月7日(日)
2022年2月 2022年2月4日(金)~2022年2月5日(土)
2022年5月 2022年5月19日(木)~2022年5月21日(土)
2022年8月 2022年8月5日(金)~ 2022年8月6日(土)
調査対象 全国の15~49歳の男女
調査人数 各月1,400サンプル
  • 性別(2セル)・5歳刻み年代別(7セル)を掛け合わせた合計14セルを
    それぞれ100サンプルずつ均等割付をして回収した
  • 本調査ではウェイトバック集計は行っていない
出典記入方法 「未婚者定点調査(リクルートブライダル総研調べ)」と必ず明記ください