リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

アーカイブについて

ブライダル総研がこれまでに実施した活動内容の一覧です。

気持ちを伝える。結び目が生まれる。エンゲージメント

エンゲージメント・プロジェクトとは、
人と人との「つながり」を応援する
プロジェクトのこと。

「気持ちを伝える」ことで、人と人とのつながりや絆を強くする。
全国の企業や団体が一緒になって、人と人とのつながりが強くなるような、
企画やイベントを実施し、「気持ちを伝える」人を応援します。

学生限定 幸せのアイディアコンテスト

2020年の結婚式はどうなっている?
未来の結婚式へのアイディアを、
全国の学生に募ったコンテスト。

ブライダルの主役になる学生たちが思い描く未来のブライダル。
学生の柔軟な像増力で考えられたアイディアから、彼らが結婚式で大切にしたいものは何か?
を、共に考える機会になりました。
コンテストの最終日は、約一か月間磨き上げ作り上げたプレゼンテーション。
この世代特有の価値観と新規性が溢れるアイディアを、発表形式で知ることが出来ます。

詳しくはこちら

ふたりと子供と。今だからこそ、パパママ婚。

出来なかった結婚式は、いつかやりたかった結婚式。
子どもと一緒に叶えられる結婚式のカタチの提案。

結婚した当時、様々な事情で結婚式ができなかったご夫婦は、沢山いらっしゃいます。
子供ができ、家族として新しい絆を増やしていかれてる最中だからこそ出来る結婚式のカタチを提案します。
結婚式の本質を垣間見るのことのできる映像を、見ることが出来ます。

詳しくはこちら

ぼくらのケッコンPROJECT

「未来のブライダルへのヒントを見つける。」
京都工業繊維大×ブライダル総研のプロジェクト。

2012年4月より約9か月にわたり、京都工芸繊維大学の学生と5年後の結婚式を考えるプロジェクトをスタートさせました。
実際に、5年後にマーケットの中心にいる学生が考えていくことで、その世代にフィットした、そして既存にはないアイデアを発信し、そこから未来のブライダルへのヒントを見つけることを目的とした活動です。

詳しくはこちら

「引出本」PROJECT

「引出物」+「本」で『引出本』
古来から引き継ぐ引出物文化を、新しく考える。

「引出本」とは、新郎新婦とゲストを過去と未来にわたって繋ぐ引出物。心をこめて選んだモノと、そのモノの意味を増幅して豊かなメッセージを伝える本。この組合せで、「引出本」はより意味のある贈り物となることでしょう。
文化を引き継ぎつつ、新しい提案をする試みです。

詳しくはこちら

夏休み ウエディングチャレンジ

子どもはたくさんの夢と可能性を秘めている!
子どもとウエディングの接点を徹底研究。

「子ども達だから感じる結婚式のステキがあると思います。
子どもにとって大切な体験があると思います。このプロジェクトはそんな思いから始まりました。
結婚式での粗相の可能性を考え、子供が参加することが少なくなってきた結婚式ですが、
子どものリアルな感動体験の機会を奪っていることも事実です。
子どもは理解できますし、想像力も膨らませます。