リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

婚活実態調査

2020年9月16日に、最新の調査結果をリリース!
そこから読み取れるマーケットやカスタマの変化について、担当研究員が解説します。

調査概要 全国の20~40代の男女に婚活サービスの利用実態や意識について調査しました。現在の婚活の概況、サービス利用、志向性などが把握できる調査です。
出典記入方法 「婚活実態調査2020(リクルートブライダル総研調べ)」と必ずご記入ください。

婚活サービスを通じて結婚した人の状況

婚活サービスを通じて結婚した割合が2年連続過去最高を更新。利用者の成婚率も高まっている

  • 2019年婚姻者のうち、婚活サービスを通じて結婚した人は13.0%で2年連続過去最高を更新。特にネット系婚活サービスを通じて結婚した割合が高い。
  • 2019年婚姻者のうち、婚活サービスを利用していた人は30.4%。婚活サービス利用者においては、42.8%が結婚に至っており、その割合は過去最高に。

恋愛・結婚意向のある独身者の婚活サービス利用経験状況

恋愛・結婚意向のある独身者の4人に1人が婚活サービス利用経験があり、増加傾向。特にネット系婚活サービスの利用経験率が一層高まり、出会いの手法の一つとして定着しつつある

  • 恋愛もしくは結婚意向がある恋人のいない独身者において、婚活サービス利用経験割合は25.5%と約4人に1人が婚活サービスの利用経験があり、3年連続で増加(2017年15.6%→2018年18.1%→2019年23.5%)。いずれの性年代においても利用経験割合が増加している。
  • 婚活サービスごとに利用経験割合をみると、ネット系婚活サービスの増加が著しく、婚活サービス全体を底上げしている。
  • 婚活サービスごとに性年代別の利用経験割合をみると、男女ともにすべての年代でネット系婚活サービスの利用経験率が増加傾向。

新型コロナウイルス感染症流行による婚活への影響

新型コロナウイルス感染症流行中でも約7割は継続的に婚活サービスを利用

  • 2020年4月から5月までに婚活サービスを利用していた人の約7割は、以前から利用し継続中。利用を中止した割合は2割にとどまる(以前から利用し継続中:70.3%/4月~5月に利用開始:9.2%/4月~5月に利用中止:20.4%)。

新型コロナウイルス感染症流行により、恋愛・結婚意向が高まった人の割合が約4割。「人と過ごすありがたみ」や「将来を考える機会」が増え、将来をイメージし、誰かと共に生きる意欲が増した可能性あり

  • 新型コロナウイルス感染症流行により、もともと恋愛・結婚意向があった独身者において、恋愛・結婚意向がさらに高まった割合が約4割(恋人がほしい 37.5%/いずれは結婚したい 41.6%)。
  • 恋愛・結婚意向が高まった人は、そうでない人と比較し、「人と過ごすことのありがたみ」「時間ができて将来を考える機会」が高まった・増えたとする割合が高い。恋愛・結婚意向の変化と「人と過ごすことの貴重さ」「将来を考える機会」との関係が深い。

新型コロナウイルス感染症流行により、結婚相手に求める条件に変化。「経済的安定」に加え、「長時間一緒にいても苦にならない」など、“パートナーとの距離感”への関心が高まっている

  • 新型コロナウイルス感染症流行によって重視されるようになった結婚相手に求める条件の上位7項目は、「安定した収入」「安定した職業」「長時間一緒に過ごすことが苦にならない」「相手の健康面」「自分との価値観が合う」「個人の時間を尊重してくれる」「二人の時間を大切にしてくれる」。

オンラインデートは、費用・場所・時間にとらわれないデートの手法として認識されている。効率的に関係を進められる手法として広まる可能性がある

  • 新型コロナウイルス感染症流行中の婚活サービス利用において、約3人に1人は「オンライン婚活であれば、コロナウイルス感染症流行中でもできる」と捉えている。
  • オンラインデートに対する意識において、「費用を抑えながら婚活ができる(45.5%)」「周囲の目線を気にせず会える(35.8%)」「リアルで会うより時間が自由(35.6%)」と捉えている。
担当研究員の注目ポイント!
 2019年に結婚した人のうち、7.7人に1人は婚活サービスを通じて結婚しており、過去最高を更新した。婚活サービスは結婚に向けた有効な出会いの手段の一つとして定着しつつある。また独身者においても、婚活サービスの利用経験割合が増加し、4人に1人は利用したことがあると回答。その背景には、相手をある程度の条件でフィルタリングし、“結婚”という共通目的をもった相手と出会えるという合理性が今の世の中にフィットしていることが挙げられるのではないだろうか。さらに、大手企業の参入による品質向上、それによる周囲の利用者の増加、価格バリエーションの広がりにより、以前からの婚活サービスに対する「恥ずかしい、怪しい、高い」イメージが払しょくされつつあり、婚活サービスを利用することに対する心理的ハードルが低下していると考えられる。さらに、周囲に利用者がいると、本人も利用する割合が高いというデータもあり、今後も婚活サービスの広がりは続いていくだろう。
 また、誰も経験したことのない“新型コロナウイルス感染症の流行”という未曽有の事態に陥ったが、この事態は婚活にもいくつかの変化をもたらしている。一つは結婚・恋愛に対する意向だ。もともと恋愛・結婚意向があった人でも、この期間中に、より結婚・恋愛意向が高まったと言う人も多い。“3密回避”、“自粛”のため、自分一人で過ごす時間や将来をイメージする時間が増え、今まで当たり前にできていた、“気軽に人と会うこと”ができなくなったからこそ、誰かと過ごす貴重さに気づき、この不安定な世の中で「絶対的な存在」を欲する意欲が高まったと考えられる。緊急事態宣言中で多くが自粛生活を送っていた4・5月の利用状況をみても、婚活サービスの利用を中止した人は2割にとどまり、多くが婚活サービスを利用していたという結果もあり、「絶対的な誰か」を求めている人が多いことがうかがえる。
 二つ目は、結婚相手に求める条件にも変化が見られた。特徴的なのが「長時間一緒に過ごしても苦ではない」「個人の時間尊重」「二人の時間を大切にしてくれる」といった“二人の距離感”への関心が高まっていることだ。リモートワークや自粛などで、夫婦や家族で過ごす時間が増えた家庭も多くあることが想定される中で、“将来における夫婦での時間の使い方”がキーワードになっていると考えられる。
 三つ目は提供サービスだ。“オンラインデート”がその一つだろう。感染リスクを避けられることをはじめ、「費用が抑えられる」「場所が自由」「時間が自由」といったメリットがあり、“合理性”を求める今の世の中においてはフィットしやすいのではないだろうか。これからも、「絶対的な誰か」を合理的な方法で見つけられる婚活サービスは、有効な出会いの一つとしてますます世の中に浸透していくと考えられる。
山岡 あやり
関連する総研リサーチニュース

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

お役立ちリンク集

人口について

日本の人口構造に
ついて知りたい①
国勢調査報告(総務省統計局)
性別・年齢別、国籍・配偶関係・世帯・教育程度等、就業状態・産業・職業社会経済分類、収入の種類、市区町村等の人口データ
日本の人口構造に
ついて知りたい②
住民基本台帳人口移動報告(総務省統計局)
市区町村が作成した性別・年齢別の人口、世帯数、1年間の人口動態データ
最新の人口分布を
知りたい
推計人口(総務省統計局)
国勢調査実施年以外の10月1日現在の年齢別、県別、性別の人口データ
日本の将来の人口と
推移を知りたい
将来推計人口データベース(国立社会保障人口問題研究所)
100年先までの日本の人口を都道府県別・市区町村別等の予測データ
人口に関する
様々なデータを知りたい
人口統計資料集(国立社会保障人口問題研究所)
人口に関する主なデータついて一覧掲載
世界の人口分布と
推移を知りたい
世界の統計(総務省統計局)
国連やWHOの統計に基づいた世界の人口データ

婚姻組数について

婚姻組数・再婚組数の
推移を詳しく知りたい
人口動態調査(厚生労働省)
婚姻・離婚等の組数データ。出生死亡等も扱う。
婚姻組数の長期的な
変遷とトピックスを知りたい
人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」(厚生労働省)
婚姻の動向についての分析結果
将来の婚姻組数の
予測が知りたい
婚姻組数予測(リクルート ブライダル総研)
ブライダル総研作成婚姻組数予測(2015年9月更新)

結婚と結婚生活について

夫婦の家庭での役割・
生活意識の変化を知りたい
家庭動向調査(国立社会保障・人口問題研究所)
家庭の出産、子育ての現状、家族関係の実態資料
結婚・出産・就業への動きを
属性別に知りたい
21世紀成年者縦断調査(国立社会保障・人口問題研究所)
結婚、出産、就業等の実態及び意識のトラッキング調査
男女の出会い~結婚~
出産の変遷を知りたい
出生動向基本調査(国立社会保障・人口問題研究所)
結婚と夫婦出生力の実状・背景の調査資料

消費動向について

時事の社会的テーマから
消費を読み解きたい
国民生活白書(内閣府)
内閣府が毎年1回まとめて発表する、国民生活全般についての動きや変化を分析した年次報告書

結婚式場運営について

個人サービス産業の
動向が知りたい
特定サービス産業動態統計調査(経済産業省)
結婚式場業の最新の売上高・取扱件数・従業員数等の調査結果
個人サービス産業の
主要指標を見たい
特定サービス産業実態調査(経済産業省)
結婚式場業の事業所数、就業者数、年間売上高等の調査結果
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。