リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

新婚生活実態調査

2019年3月28日に、最新の調査結果をリリース!
そこから読み取れるマーケットやカスタマの変化について、担当研究員が解説します。

調査概要 全国の20代~40代の女性のうち、直近1年以内に入籍した方を対象に行った、新婚を機とした消費行動やライフスタイルに対する考え方など、新婚カップルの実態を把握できる調査です。
出典記入方法 「新婚生活実態調査2018(リクルートブライダル総研調べ)」と必ずご記入ください。

新婚生活に向けた消費行動

新婚生活に向けた消費を行うカップルの割合は昨年同様約7割。
一方で購入費用が減少

  • 「インテリア・家具」「家電製品」の両方、またはいずれかを購入した割合は70.7%で、前年調査と同程度(17年調査 68.9%)。
  • 「インテリア・家具」「家電製品」の両方、またはいずれかの購入にかかった平均費用は52.1万円で、前年調査より4.3万円減少(17年調査56.3万円)。

新婚生活に向けた「インテリア・家具」の購入単価に変化の兆し。
購入割合および購入アイテム数はほぼ変わらず、購入費用は前年調査より減少

  • 「インテリア・家具」の購入割合は59.4%で、前年調査と同程度(17年調査58.9%)。
  • 「インテリア・家具」にかかった平均費用は28.4万円で、前年調査より3.2万円減少(17年調査31.6万円)。
  • 購入した「インテリア・家具」の平均アイテム数は6.3個で前年調査と同程度(17年調査6.0個)。
  • 「家電製品」の購入割合は59.9%で、前年調査と同程度(17年調査59.7%)。
  • 「家電製品」にかかった平均費用は33.4万円で、前年調査と同程度(17年調査33.9万円)。
  • 購入した「家電製品」の平均アイテム数は6.4個で、前年調査と同程度(17年調査6.2個)。

新婚生活に向けたアイテム購入先に変化の兆し。
インターネット通販を利用する割合が増加

  • 「インテリア・家具」の購入先において、変化の大きい上位3項目は、「インターネット通販」(4.9pt増加)、「ホームセンターの家具売り場」(4.0pt増加)、「インテリアショップ・家具専門店」(2.6pt増加)。
  • 「家電製品」の購入先において、変化の大きい上位3項目は、「インターネット通販」(3.4pt増加)、「家電量販店」(1.6pt増加)、「デパート・百貨店」(1.0pt減少)。

新婚夫婦の家計管理

約1割の新婚カップルが別々に家計を管理する「家計独立型」。
共働き夫婦は生活費が独立している割合が高い

  • 夫婦の家計管理方法は、「家計共有型」が86.8%、「家計独立型」が9.8%。
  • 共働き家庭の家計管理の方法は、「家計共有型」が83.6%(主に妻が管理:46.8%、主に夫が管理:3.7%、二人で管理:33.0%)、「家計独立型」が14.2%。専業主婦(夫)家庭の家計管理の方法は、「家計共有型」が92.9%(主に妻が管理:89.5%、主に夫が管理:0.6%、二人で管理:2.8%)、「家計独立型」が2.2%。

「家計独立型」はライフスタイルもお互いのプライベートを尊重する傾向

  • ライフスタイルに対する考え方において、「家計独立型」は「週末でもお互いそれぞれの予定を大切にしたい」「結婚してもお互いのプライベートを大切にしたい」が、「家計共有型」よりも高い。
担当研究員の注目ポイント!
新婚生活に向けて、インテリア・家具や家電製品を購入するカップルは約7割と、前年に引き続き、多くの新婚夫婦が消費をしている実態が明らかになりました。
一方で、インテリア・家具においては、購入割合や購入数に変化がないにもかかわらず、購入費用の平均は減少する結果となりました。その背景には、購入方法の変化が関係していると考えられます。低価格でおしゃれなインテリア・家具を主力にしているインテリアショップやホームセンターの台頭も要因の一つであり、またインターネット通販で購入する割合も増加し、簡単に比較検討しながら、手ごろなものが手に入る環境も影響している可能性があります。近年、日常消費においてのインターネット通販は広がっており、比較的大きな消費のタイミングにおいても、今後、インターネット通販が浸透していくことで、新婚生活の消費行動にも大きな影響を与えそうです。
家計管理においては、新婚カップルの約1割が「家計独立型」夫婦であり、共働き夫婦はその割合が比較的高いことがわかりました。また、「家計独立型」夫婦はプライベートにおいてもお互いの時間を尊重する傾向にあります。その背景には、「夫は外で働き、妻は家事・育児」という役割意識の低下、「夫婦ともに対等である」という意識の高まりが関係していると考えられます。お金や時間の使い方を個人として尊重しあう新しい夫婦の形が今後も広がっていくのかもしれません。
山岡 あやり
関連する総研リサーチニュース

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

お役立ちリンク集

人口について

日本の人口構造に
ついて知りたい①
国勢調査報告(総務省統計局)
性別・年齢別、国籍・配偶関係・世帯・教育程度等、就業状態・産業・職業社会経済分類、収入の種類、市区町村等の人口データ
日本の人口構造に
ついて知りたい②
住民基本台帳人口移動報告(総務省統計局)
市区町村が作成した性別・年齢別の人口、世帯数、1年間の人口動態データ
最新の人口分布を
知りたい
推計人口(総務省統計局)
国勢調査実施年以外の10月1日現在の年齢別、県別、性別の人口データ
日本の将来の人口と
推移を知りたい
将来推計人口データベース(国立社会保障人口問題研究所)
100年先までの日本の人口を都道府県別・市区町村別等の予測データ
人口に関する
様々なデータを知りたい
人口統計資料集(国立社会保障人口問題研究所)
人口に関する主なデータついて一覧掲載
世界の人口分布と
推移を知りたい
世界の統計(総務省統計局)
国連やWHOの統計に基づいた世界の人口データ

婚姻組数について

婚姻組数・再婚組数の
推移を詳しく知りたい
人口動態調査(厚生労働省)
婚姻・離婚等の組数データ。出生死亡等も扱う。
婚姻組数の長期的な
変遷とトピックスを知りたい
人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」(厚生労働省)
婚姻の動向についての分析結果
将来の婚姻組数の
予測が知りたい
婚姻組数予測(リクルート ブライダル総研)
ブライダル総研作成婚姻組数予測(2015年9月更新)

結婚と結婚生活について

夫婦の家庭での役割・
生活意識の変化を知りたい
家庭動向調査(国立社会保障・人口問題研究所)
家庭の出産、子育ての現状、家族関係の実態資料
結婚・出産・就業への動きを
属性別に知りたい
21世紀成年者縦断調査(国立社会保障・人口問題研究所)
結婚、出産、就業等の実態及び意識のトラッキング調査
男女の出会い~結婚~
出産の変遷を知りたい
出生動向基本調査(国立社会保障・人口問題研究所)
結婚と夫婦出生力の実状・背景の調査資料

消費動向について

時事の社会的テーマから
消費を読み解きたい
国民生活白書(内閣府)
内閣府が毎年1回まとめて発表する、国民生活全般についての動きや変化を分析した年次報告書

結婚式場運営について

個人サービス産業の
動向が知りたい
特定サービス産業動態統計調査(経済産業省)
結婚式場業の最新の売上高・取扱件数・従業員数等の調査結果
個人サービス産業の
主要指標を見たい
特定サービス産業実態調査(経済産業省)
結婚式場業の事業所数、就業者数、年間売上高等の調査結果
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。