リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

結婚総合意識調査

2019年11月28日に、最新の調査結果をリリース!
そこから読み取れるマーケットやカスタマの変化について、担当研究員が解説します。

調査概要 2018年4月~2019年3月に結婚した全国の20~49歳の既婚者を対象に、結婚に対する意識や結婚を機としたイベントやウエディングパーティの実施状況を調査しています。
出典記入方法 「結婚総合意識調査2019(リクルートブライダル総研調べ)」と必ずご記入ください。

結婚を機としたイベント実施割合

80.7%は結婚を機としたイベントを実施し、ウエディングパーティ実施割合は72.9%

  • 結婚を機としたイベント実施割合:80.7%(ウエディングパーティ:72.9%、挙式:2.7%、写真撮影:5.0%)
  • ウエディングパーティ実施割合:72.9%(披露宴・披露パーティ:51.1%、親族中心の食事会:21.6%/その他のウエディングパーティ:0.3%)

20代、30代の7割以上はウエディングパーティを実施している

  • ウエディングパーティ実施割合:20代 74.6% / 30代 74.5% / 40代 56.7%

再婚層の約6割がウエディングパーティを実施している

  • ウエディングパーティ実施割合:新郎・新婦ともに初婚層 77.2% / いずれかまたは両方再婚層 57.2%

妊娠層の半数以上はウエディングパーティを実施している

  • ウエディングパーティ実施割合:新婦は妊娠していた層 56.5% / 新婦は妊娠していなかった層 76.2%

結婚相手との出会い方によって、ウエディングパーティ実施割合に違い。特に、「友人の紹介」「婚活サービス利用」といった、友人やサービスを介した出会いをした人の実施割合が高い

  • ウエディングパーティ実施割合:職縁 69.4%/学校・サークル 75.9%/友人の紹介 79.3%/婚活サービス利用 79.0%/その他 62.3%

ウエディングパーティに対する意識

半数以上がウエディングパーティのスタイルの広がりを認知し、自分たちに合ったウエディングパーティの実施を望んでいる。年代が若いほどその傾向が強く、ウエディングパーティスタイルのバリエーションはさらに広がりつつある

  • 「ウエディングパーティのスタイルのバリエーションが広がっていると感じる」割合: 全体 55.1% / 20代 59.2% / 30代 53.1%/ 40代 39.0%
  • 「自分たちに合ったウエディングパーティのスタイルがあると思う」割合: 全体 57.5% / 20代 61.3% / 30代 54.9%/ 40代 46.1%

結婚することによる生活の変化

結婚による生活の変化において、「家族としての絆が得られる」「好きな人と一緒にいられてうれしい」「精神的安定が得られる」など、精神的なつながりが得られることが、男女共通の3大変化

  • 「家族としての絆が得られる(男性 71.1%/女性 81.3%)」「好きな人と一緒にいられてうれしい(男性 69.4%/女性 82.3%)」「精神的安定が得られる(男性 63.7%/女性 74.2%)」
担当研究員の注目ポイント!
「披露宴・披露パーティ」と聞いて、どのようなものを連想しますか。
人によっては、昔から行われている「披露宴」を連想する人もいると思います。一方で、少数で行うものや伝統にとらわれない形式、さらには特別な場所で実施するパーティまで連想する人もいるのではないでしょうか。
近年、「披露宴・披露パーティ」のとらえ方が多様化しており、「披露宴・披露パーティ」という言葉だけでは、その実態を定義しきれなくなってきています。例えば、いわゆる「披露宴」のようなスタイルだけではなく、「大人数で行うカジュアルな雰囲気のパーティ」や「親族や親しい人に限定した少人数の食事会」「自分たちの思い出の場所でのパーティ」など、志向性の広がりに伴い、そのスタイルはこれまでよりも大きく広がり、変化しています。その背景には、結婚式の「場のとらえ方」や「意味あい」の変化が関係していると考えられます。
昔の結婚式は、新郎新婦を中心に、結婚したことや結婚相手を周囲にお披露目する「披露の場」として意味が強く実施されており、まさに「披露宴」という名称はフィットしていました。しかしながら、近年は結婚式の意味合いが変化し、新郎新婦とともにゲストの視点が広がり、「感謝を伝える場」「人生を振り返り、再認識する場」の意味合いが濃くなりつつあります。また、「結婚式はやるべきもの」から「実施するかは選択するもの」に変化していることで、形式よりも「二人らしさ」が重視され、感謝や人生を振り返る手法も一組一組異なり、まさにスタイルが多様化していると考えられます。
さらに加えて言うと、結婚式事業者側も様々な提案の中で、新郎新婦のニーズに応えてきており、新郎新婦が望むウエディングパーティをかなえられる土台ができていることも多様化の背景になっていると言えます。
「場のとらえ方」「意味合い」の変化により、現在の「結婚式」は「披露宴」という限定的なものではなく、「結婚を機」に「誰か」と「宴や食事」をする機会を「ウエディングパーティ」としてとらえるほうが、世の中の認識にフィットするのではないでしょうか。
実際に、「ウエディングパーティスタイルのバリエーションは広がっていると感じる」割合や「自分たちに合ったウエディングパーティのスタイルがあると思う」割合が若年層ほど高く、一組一組の「二人らしさ」に合わせて実施される「ウエディングパーティ」は、さらにスタイルの多様化が進んでいくと考えられます。
山岡 あやり

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

お役立ちリンク集

人口について

日本の人口構造に
ついて知りたい①
国勢調査報告(総務省統計局)
性別・年齢別、国籍・配偶関係・世帯・教育程度等、就業状態・産業・職業社会経済分類、収入の種類、市区町村等の人口データ
日本の人口構造に
ついて知りたい②
住民基本台帳人口移動報告(総務省統計局)
市区町村が作成した性別・年齢別の人口、世帯数、1年間の人口動態データ
最新の人口分布を
知りたい
推計人口(総務省統計局)
国勢調査実施年以外の10月1日現在の年齢別、県別、性別の人口データ
日本の将来の人口と
推移を知りたい
将来推計人口データベース(国立社会保障人口問題研究所)
100年先までの日本の人口を都道府県別・市区町村別等の予測データ
人口に関する
様々なデータを知りたい
人口統計資料集(国立社会保障人口問題研究所)
人口に関する主なデータついて一覧掲載
世界の人口分布と
推移を知りたい
世界の統計(総務省統計局)
国連やWHOの統計に基づいた世界の人口データ

婚姻組数について

婚姻組数・再婚組数の
推移を詳しく知りたい
人口動態調査(厚生労働省)
婚姻・離婚等の組数データ。出生死亡等も扱う。
婚姻組数の長期的な
変遷とトピックスを知りたい
人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」(厚生労働省)
婚姻の動向についての分析結果
将来の婚姻組数の
予測が知りたい
婚姻組数予測(リクルート ブライダル総研)
ブライダル総研作成婚姻組数予測(2015年9月更新)

結婚と結婚生活について

夫婦の家庭での役割・
生活意識の変化を知りたい
家庭動向調査(国立社会保障・人口問題研究所)
家庭の出産、子育ての現状、家族関係の実態資料
結婚・出産・就業への動きを
属性別に知りたい
21世紀成年者縦断調査(国立社会保障・人口問題研究所)
結婚、出産、就業等の実態及び意識のトラッキング調査
男女の出会い~結婚~
出産の変遷を知りたい
出生動向基本調査(国立社会保障・人口問題研究所)
結婚と夫婦出生力の実状・背景の調査資料

消費動向について

時事の社会的テーマから
消費を読み解きたい
国民生活白書(内閣府)
内閣府が毎年1回まとめて発表する、国民生活全般についての動きや変化を分析した年次報告書

結婚式場運営について

個人サービス産業の
動向が知りたい
特定サービス産業動態統計調査(経済産業省)
結婚式場業の最新の売上高・取扱件数・従業員数等の調査結果
個人サービス産業の
主要指標を見たい
特定サービス産業実態調査(経済産業省)
結婚式場業の事業所数、就業者数、年間売上高等の調査結果
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。