リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

結婚総合意識調査

2021年11月4日に、最新の調査結果をリリース!
そこから読み取れるマーケットやカスタマの変化について、担当研究員が解説します。

調査概要 2020年4月~2021年3月に結婚した全国の20~49歳の既婚者を対象に、結婚に対する意識や結婚を機としたイベントやウエディングパーティの実施状況を調査しています。
出典記入方法 「結婚総合意識調査2021(リクルートブライダル総研調べ)」と必ずご記入ください。

ウエディングイベントを実施したいとの回答は8割超で昨年調査から微増も
実施率は7割に。コロナ禍で延期・キャンセルを余儀なくされている

1.既婚編(調査対象:2020年4月~2021年3月に結婚した20~49歳の男女)

コロナ禍におけるウエディングイベント実施者は71.1%、ウエディングパーティー実施者は53.1%

一方で、結婚前のウエディングイベントの実施意向率は80.6%、ウエディングパーティー実施意向率は62.5%で、共に昨年より微増。実施意向はあるものの、新型コロナウイルスの影響により、延期・キャンセルを余儀なくされていることが推察される。

「披露宴・ウエディングパーティー」「親族中心の食事会」「その他ウエディングパーティー」のいずれかのイベント非実施者のうち、新型コロナウイルスの影響を受け延期、またはキャンセルしたと回答した割合は半数以上

「披露宴・ウエディングパーティー」「親族中心の食事会」「その他ウエディングパーティー」のいずれかの非実施者のうち約3人に1人は、新型コロナウイルスの影響を受けて延期したが、いつかは実施する予定と回答。新型コロナウイルスの収束を待って、ウエディングパーティーの実施を希望している層がいることが推察される。

挙式、ウエディングパーティーで実現できたことは「今後のライフプランを考えるきっかけになった」が昨年より増加

コロナ禍という特殊な状況下において、結婚という人生の節目となる挙式、ウエディングパーティーを実施することで、自分の人生を改めて考える機会になったことがうかがえる。

2. ゲスト編(調査対象:2020年4月~2021年3月に結婚式にゲストとして出席した20歳以上の男女)

挙式、披露宴・ウエディングパーティーへの参加を迷った割合は3割、迷わなかったと答えた割合は56%

迷わなかったと答えた割合を招待時期別に見ると、2020年4月~6月の46%を底に増加し2020年10月~2021年3月に招待された人では6割が迷わなかったと回答。
コロナが理由で参加を迷った人では、出席して良かったと答えた割合は約4人に3人。当日の感染症対策の状況が、コロナにより参加を迷った出席者の満足度に大きく影響。

挙式、披露宴・ウエディングパーティーを楽しみにする気持ちは、過去2回調査よりも高まっている

招待されてから出席するまでの気持ちとしては、新郎新婦の晴れ姿や、友人・親戚に久しぶりに会えることを楽しみにしていた、自分を大切にしてくれていると感じた等の割合が、過去2回の調査結果と比較して高い。

出席して良かった、感動した、と答えた割合は、過去2回の調査と比較して最多に

親・家族以外のゲストの良かった、楽しかった、感動した割合を年代別に見てみると、60代以上が特に高い傾向があり、高齢の親族が結婚式に参加して喜んでいる様子がうかがえる。

結婚式ならではの良さは、非日常の場での感動や、人が集まる場としての価値、自分自身を振り返る場

結婚式ならではの良さだと思うことは、新郎新婦の幸せな姿を見られたことに対しての喜びの他に、他の出席者と交流できることや、新郎新婦と周りの人との関係性について理解が深まる等、人が集まる場としての価値が挙げられている。また、結婚式や新郎新婦の姿を通して、出席者自身が家族や夫婦の良さを改めて感じたり、自分自身や自分の大切な人・仲間について改めて振り返る場になっている。

担当研究員の注目ポイント!

コロナ禍でも変わらなかったウエディングパーティーを実施したいという意向

今回の調査は、コロナ禍の2020年4月~2021年3月に結婚をした方が対象となっています。その影響を受け、多くの人が新型コロナウイルスの影響を受け、ウエディングパーティー(※)の延期・キャンセルを余儀なくされ、ウエディングパーティー実施率は昨年より減少しました。一方で、ウエディングパーティーを実施したいと回答した割合は昨年より微増でほぼ横ばいとなりました。新型コロナウイルスの影響で、結婚式を当たり前にできなくなった状況下でも、結婚を機に何らかのパーティーを実施したい、というニーズが減っていないことが今回の調査で明らかになりました。また、ウエディングパーティーのいずれかを実施しなかった方のうち約3人に1人は、「新型コロナウイルスの影響を受けて延期したが、いつかは実施する予定」と回答しており、コロナ禍が収束することを待っている層が一定数いることがうかがえます。

実施したウエディングイベントの組み合わせの多様化

コロナ禍で様々な制約がある中で、ウエディングイベントの組み合わせが多様化したことも今年の傾向の1つです。昨年よりも実施率が増加したイベントは、「披露宴・ウエディングパーティー、親族食事会、2次会以外のウエディングパーティー」、「エンゲージメントフォト」、「エンゲージメントフォト・スタジオ撮影・ロケーシ ョン撮影以外のウエディングフォト」の3つです。一方で、上記3イベントは、いずれも従来の主流である挙式、披露宴・ウエディングパーティー、親族食事会と並行して実施している割合が高いということも見えています。つまり、新郎新婦が、コロナ禍において「今できる」形を模索する中で、ウエディングイベントを複数組み合わせて実施し、各イベント内容をバージョンアップしながら、新郎新婦の思いを実現していた、といえるでしょう。

コロナ禍で見直されるゲストにとっての結婚式の価値

2020年4月~2021年3月の間に、結婚式に参加したゲストへの調査では、挙式、披露宴・ウエディングパーティーを楽しみにする気持ちや、出席して良かった、感動した、と答えた割合は、過去2回の調査と比較して最多となりました。また、「周囲の人・仲間の大切さを感じた」「久しく連絡が取れていない人とのやりとりのきっかけになった」と答えた割合も前回調査よりも高く、コロナ禍で人に会う機会が限られている中で、結婚式が貴重な場となったことがわかりました。ゲストごとの傾向を見てみると、60代以上(親・家族以外)の出席者の「良かった」「楽しかった」「感動した」と回答した割合が、他の年代に比較して特に高かったことが印象的でした。主催者側の新郎新婦としては、コロナ禍で高齢の方を結婚式に呼ぶことに対して悩んだ方も多かったかと思いますが、実際に結婚式に参加した高齢の方は非常に喜んでいる傾向が見られたのです。また、子どもの結婚式に対しての親の気持ちの上位は、「晴れ姿を見たい」「周囲との関係性が見られ安心できる」など、子の幸せを願う気持ちはもちろん、「子育て卒業の節目」など、親自身の今後の人生にとっての意味合いも高いということが明確になり、特にその傾向は母親で顕著に見られました。高齢化が進む現代において、親やその他の高齢の方を結婚式に招待することの意味・価値を、改めて考えさせられる調査内容でした。人と集まってお祝いするということが当たり前にできない一年だったからこそ、新郎新婦や、ゲスト一人ひとりにとっての、結婚式の意味・価値が改めて見直され、今後に向けて「結婚式のカタチ」が進化した一年になったのではないでしょうか。

ウエディングパーティー:「披露宴・ウエディングパーティー」「親族中心の食事会」「その他のウエディングパーティー」の総称。「結納・顔合わせ」「結婚(挙式)前の祝賀・婚約パーティー」「2次会」の実施

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「株式会社リクルートお問い合わせ窓口」までご一報ください。

お役立ちリンク集

人口について

日本の人口構造に
ついて知りたい①
国勢調査報告(総務省統計局)
性別・年齢別、国籍・配偶関係・世帯・教育程度等、就業状態・産業・職業社会経済分類、収入の種類、市区町村等の人口データ
日本の人口構造に
ついて知りたい②
住民基本台帳人口移動報告(総務省統計局)
市区町村が作成した性別・年齢別の人口、世帯数、1年間の人口動態データ
最新の人口分布を
知りたい
推計人口(総務省統計局)
国勢調査実施年以外の10月1日現在の年齢別、県別、性別の人口データ
日本の将来の人口と
推移を知りたい
将来推計人口データベース(国立社会保障人口問題研究所)
100年先までの日本の人口を都道府県別・市区町村別等の予測データ
人口に関する
様々なデータを知りたい
人口統計資料集(国立社会保障人口問題研究所)
人口に関する主なデータついて一覧掲載
世界の人口分布と
推移を知りたい
世界の統計(総務省統計局)
国連やWHOの統計に基づいた世界の人口データ

婚姻組数について

婚姻組数・再婚組数の
推移を詳しく知りたい
人口動態調査(厚生労働省)
婚姻・離婚等の組数データ。出生死亡等も扱う。
婚姻組数の長期的な
変遷とトピックスを知りたい
人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」(厚生労働省)
婚姻の動向についての分析結果
将来の婚姻組数の
予測が知りたい
婚姻組数予測(リクルート ブライダル総研)
ブライダル総研作成婚姻組数予測(2015年9月更新)

結婚と結婚生活について

夫婦の家庭での役割・
生活意識の変化を知りたい
家庭動向調査(国立社会保障・人口問題研究所)
家庭の出産、子育ての現状、家族関係の実態資料
結婚・出産・就業への動きを
属性別に知りたい
21世紀成年者縦断調査(国立社会保障・人口問題研究所)
結婚、出産、就業等の実態及び意識のトラッキング調査
男女の出会い~結婚~
出産の変遷を知りたい
出生動向基本調査(国立社会保障・人口問題研究所)
結婚と夫婦出生力の実状・背景の調査資料

消費動向について

時事の社会的テーマから
消費を読み解きたい
国民生活白書(内閣府)
内閣府が毎年1回まとめて発表する、国民生活全般についての動きや変化を分析した年次報告書

結婚式場運営について

個人サービス産業の
動向が知りたい
特定サービス産業動態統計調査(経済産業省)
結婚式場業の最新の売上高・取扱件数・従業員数等の調査結果
個人サービス産業の
主要指標を見たい
特定サービス産業実態調査(経済産業省)
結婚式場業の事業所数、就業者数、年間売上高等の調査結果
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。