リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

  • GOOD WEDING AWARDについて
  • 応募要項、賞・審査基準・審査員
  • ファイナリスト・ベスト50
  • 見学/オンライン視聴受付
  • 最終審査会結果
  • 過去の受賞履歴

GWA2024のエントリーを開始いたしました!

エントリー期間:2024年3月1日(金)11:00~2024年5月7日(火)22:00
皆様からのご応募、心からお待ちしております。

応募方法

フォーム入力によるエントリー方式となります。
下記、手順をご確認ください。
※スマートフォン・タブレットからもご応募が可能です。

マイページ登録・ログイン
※GWAへのエントリーは、事前にGOOD WEDDING COLLEGEの会員登録(無料)が必要です。

すでに会員の方は、ログインしてエントリーにお進みください。

GWC登録がお済みでない方 はコチラ

会員登録

GWC登録済みの方 はコチラ

ログイン

GWCにログイン後、
マイページよりGWAエントリーフォームへご入力・ご提出ください。
※途中保存が可能です。

下書き用の記入シートをご利用の方は、コチラからダウンロードください。
エントリー方法の詳細についてはコチラからダウンロードください。

応募要項

応募期間

エントリー期間:2024年3月1日(金)11:00~2024年5月7日(火)22:00

応募対象

2023年3月1日(金)~2024年5月6日(月)に、ご自身が担当者として施行した結婚式のプランニング

応募資格

ウエディングプランナー(ブライダル業界において、実際に挙式・披露宴のプランニング経験のある方)

  • 雇用先、フリー等の所属は問いません。
  • 参加形式は個人にてご応募ください

応募条件

  1. ウエディングプランナーとして所属先がある場合には、今回の応募について、所属先より承諾を得てください。
    また、所属先以外にも、施行会場やその他関係者などの同意が必要かもご確認頂き、同意についてはメールもしくは書面などで証跡残る方法での同意取得をお願いいたします。
  2. 以下のとおり各種メディアへの掲載があることについて、予めご承諾ください。
    • 最終審査会では、プレゼンテーションの撮影がございます。
    • 最終審査会の映像および写真は各種メディア(ゼクシィ、ゼクシィnet、ブライダル総研ウェブサイト・GOOD WEDDING COLLEGE、GOOD WEDDING AWARD紹介冊子・DVD、その他ゼクシィ関連媒体、結婚関連情報誌など、以下同様)へ掲載・提供いたします。各種メディアへ情報が掲載・提供されるということについては、新郎新婦に問題ないことをご確認頂き、同意を必ず得るようにお願い致します。同意については、メールもしくは書面などで証跡残る方法での取得をお願いいたします。
    • 応募内容について、応募者本人に許可を得た上で、プランナー名・会場名およびその概要をTV、新聞などの各種メディアに掲載・提供する場合がございます。
    • 本アワードでは、一次審査で議論の対象となった上位のエントリー作品を「ベスト50エントリー」として、当社が管理運営するブライダル総研サイトや冊子などにて公開いたします。選出された場合、お名前、所属する会社又は会場名、結婚式のタイトルなどを公開することをご了承ください
  3. GOOD WEDDING AWARD紹介冊子・DVD、その他の成果については、業界貢献・啓蒙のためのセミナー・勉強会等をおこなう際に貸与・提供される場合がございます。予めご了承ください。

審査基準

  1. 結婚式プランニングの内容

    新郎新婦の想いや要望をどのように解釈・理解し、それを創造性と構成力をもっていかに実現したのかという点に主眼におき、以下の観点から審査します。

    • 新郎新婦の想い・要望やその背景の把握力
    • プランニングの創造性・独創性
    • 結婚式全体の構成力
  2. 困難を乗り切る力とプランニングに向かう姿勢

    様々な制約がある中で、プランナーとしてどのような想いを持ってどのように乗り越えたのか、という観点から審査します。

応募にあたっての留意点

  1. 応募内容について
    • 応募件数は、お1人様につき1作品とさせていただきます。
    • 応募に関して(メディア利用を含めた応募内容の利用、当社の免責に関わる事項なども含め)は、必ず該当する新郎新婦よりご承諾いただけたものに限らせていただきます。
    • 応募に関しては、必ず施行会場、所属先およびその他関係者よりご承諾いただいたものに限らせていただきます。
  2. 当社の免責
    • 応募内容および最終審査会で利用する写真や音楽、その他内容に関する著作権、商標権および特許権などの知的財産権に関しては、ご応募者において第三者の権利の侵害のないことを保証いただけますようお願い申し上げます(特に、最終審査会におけるプレゼンテーションの音楽や写真も含みます。ご注意ください)。
    • 応募者の責任において、一般に公表しても差し支えのない内容に決定するものとし、応募内容に関する紛争については、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承ください。
    • 特許出願を検討しているプランについては、応募に際して「新規性が失われる」ことにより、後に特許を取得できない可能性がありますので、事前に出願手続されることをお勧めします。
    • 応募作品については、返却いたしません。

応募内容の取扱いについて

応募書類に記載の個人情報は、応募者の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・提供することはありません(法令等により開示を求められた場合を除きます)。ただし、予選通過の応募内容に関しては、応募者本人に許可を得た上で、プランナー名・会場名およびその概要をウェブ・雑誌等に掲載する可能性があります。

プライバシーポリシー

お申し込みの際にご提供いただいたお客様の個人情報につきましては、細心の注意を払い取り扱わせていただきます。

詳しくはこちらをご確認ください。

受賞者の特典

グランプリ 1名/賞金 30万円、準グランプリ 1名/賞金 10万円、特別賞(3名)クリエイティブ賞・ソウル賞/賞金 5万円、その他最終審査会出場者 3名/賞金 1万円

最終審査は公開審査会となります。また、最終審査会の模様や審査結果、入賞者やその結婚式の内容について、「ゼクシィ」や「ブライダル総研」サイトをはじめとする各種メディアにてご紹介させていただきます。

  • 各部門賞に選出された方々は、2024年7月30日(火)大手町三井ホール&オンライン開催(予定)で開催される審査発表会にご出席いただき、当日グランプリを決定いたします
  • グランプリ・準グランプリ・クリエイティブ賞・ソウル賞の受賞履歴は、別途弊社の規定する範囲内で各種メディアで利用可能です

【ベスト50エントリー】について
惜しくも最終8名には選ばれなかったものの、一次審査で議論の対象となったエントリーを含めて【ベスト50エントリー】を公開いたします。

ご不明点やエントリーできない等のお問い合わせ先:
gwaj@r.recruit.co.jp

よくある質問

  • 学生がエントリーをしても良いですか?
    模擬挙式ではなく、実際の新郎新婦を対象として本当の結婚式をされた場合はエントリーが可能です。
  • チームでのエントリーはできますか?
    チームでのエントリーはできません。
    主にプランニングを担当された代表者を決めてエントリーください。
  • 最終審査会出場の際、交通費は自己負担ですか?
    遠方からのご参加の場合、交通を手配させていただいています。
    ファイナリスト決定後のご相談となります。
  • 昨年度もエントリーしたのですが、今回も会員の新規登録は必要でしょうか。
    大変恐れ入りますが、例年通り、本年度の新規登録をお願いいたします。
    ブライダル総研が提供している学びのプラットフォーム『 GOOD WEDDING COLLEGE 』にご登録頂き、マイページよりエントリーをお願いいたします。
  • エントリー時の写真アップロードについて、複数の写真を1枚のデータに加工し、アップロードしても問題ないでしょうか。
    写真点数は5点までとなっておりますが、その中で表現は自由に行って頂いて構いません。
    そのため、厳選しきれない場合は複数枚を1枚のJPEG写真などで表現頂くことも可能です。
    ※ただし、写真枚数は審査には影響いたしません。

問い合わせ先

リクルート ブライダル総研内「グッドウエディングアワード」事務局
gwaj@r.recruit.co.jp

審査員紹介(敬称略・50音順)

審査委員長

「リクルート ブライダル総研」所長

審査員(敬称略・50音順)

「ゼクシィ」編集長、その他、ブライダルや演出・プロデュースの分野で豊富な知識と経験を持つ審査員にて審査いたします

【主催】リクルート ブライダル総研(株式会社リクルート)
【後援】(BIA)公益社団法人日本ブライダル文化振興協会
【協力】(ABC)全米ブライダルコンサルタント協会

この記事をシェアする

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。