リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

恋愛観調査2013

恋愛恋愛・婚活・結婚調査

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 冨塚 優)が運営するリクルートブライダル総研では、恋愛実態と恋愛観について詳細に把握するために、「恋愛観調査2013」を実施しました。ここに、調査結果の要旨をご報告いたします。

Ⅰ <恋人有無の状況と価値観> 

恋人がいる人は、未婚者の27.5%。一方、今まで付き合ったことのない人は29.6

・20~40代未婚者全体で、恋人がいる人は27.5%。
・20~40代未婚者全体で、今まで付き合ったことがない人は29.6%。
・年代別の特徴をみると、20代男性の「今まで付き合ったことがない」割合が44.3%と高い。

「積極的な行動」と「柔軟なコミュニケーション」が、恋人の有無に影響を与えている

・恋人がいる人ほど、 「積極的な行動」と「柔軟なコミュニケーション」の項目が高い。


Ⅱ <恋人との出会いのきっかけ>

10人に1人以上がインターネットがきっかけで恋人と出会っている

・現在の恋人との出会いにおいて、インターネットがきっかけになった人は、全体11.4%、男性13.8%、女性で9.7%。


Ⅲ <年代別の恋愛観>

恋愛に対して理想が高いにもかかわらず、消極的な20

・年代が下がるにつれて、恋愛に対しての理想が高まる。
・年代が下がるにつれて、『草食系』の自覚が高まる。特に20代男性は、約半数(48.1%)が自覚あり。

20代は、恋人関係にならなくても異性とのつながりが保てる状況があり、消極的にさせる一因と考えられる

・「恋人と別れても、友人として付き合っていきたい」は、男女とも20代が最も高い。
・「男女の友情が成り立つと思う」は、男女とも20代が最も高い。


Ⅳ <自己採点/異性に求める点数>

男性よりも女性の方が自分の内面、外見ともに自信を持っている

自己採点(20~40代全体/平均点):内面:男性54.9点/女性58.3点  外見:男性50.9点/女性54.6点

※どの年代でも女性の方が自己採点は高い

異性に求めるものを見ると、男性は女性よりも外見重視、女性は男性よりも内面重視

異性に求める点数(20~40代全体/平均点):内面:男性70.4点/女性75.0点  外見:男性63.9点/女性61.4点

※どの年代でも内面は女性の方が高く、外見は男性の方が高い

 ◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください→renaikan2013_release.pdfをダウンロード

◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「リクルート ブライダル総研調べ」と明記いただけますよう     お願い申し上げます。    また、ご使用に際してこちら「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください

この記事をシェアする

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

最新記事
カテゴリで探す
ハネムーン(7)
ブライダルエステ(プレケア)(3)
プロポーズ(6)
二次会(4)
夫婦・結婚生活(20)
少子化に関するレポート(4)
恋愛(41)
披露宴(60)
挙式(62)
新生活(31)
結婚観(26)
結納・入籍(14)
自律的出会いの提言レポート(7)
調査で探す
婚姻組数予測
恋愛・婚活
結婚・結婚式
夫婦・家族
月別で探す
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年09月
2019年08月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。