リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

「プロポーズあった」は8割以上。「妻から夫に」は2.1%と、まだまだ男性主体。

プロポーズ結婚トレンド調査

◆株式会社リクルート ブライダル総研(所長:鈴木直樹)より、 「ゼクシィ結婚トレンド調査2009 」(2008年4月~2009年3月に挙式または披露宴を行った「ゼクシィ」読者7,440人が対象)からみえてきた、結婚や結婚式、カップルの特徴や変化に関する分析をお伝えします。

①結婚式実施者のうちプロポーズ実施率は83%

「プロポーズを実施した」のは全体の83.0%、やはり多くのカップルはきちんとプロポーズをしていることがわかります。
反対に「プロポーズはなかった」と答えた人は全国平均で16.4%という結果に。地域別に見てみると、「プロポーズがなかった」割合が高いのは1位「福島」(21.2%) 、2位「宮城・山形」(20.9%)、3位「北海道」(19.3%)。北日本ほど「プロポーズはなかった」割合が高くなる傾向があります。


②「夫から妻に」は80・9%、「妻から夫に」は2.1%にとどまる

「夫と妻、どちらからプロポーズしたか」については、「夫から妻にあった」のは80.9%、反対に「妻から夫にあった」のは2.1%と、男性の草食化が言われる昨今でもまだまだ「プロポーズは男から」が主流のようです。
ちなみに亭主関白のイメージが強い「九州」の「夫から妻に」の割合は79.0%と全国平均よりも低く、また「プロポーズはなかった」が18.5%と全国平均よりも高い意外な結果となりました

③プロポーズと婚約記念品(婚約指輪)との深い関係

「婚約記念品」とは、多くの場合「婚約指輪(エンゲージリング)」のこと。
首都圏の調査対象者のうち、プロポーズが「夫から妻にあった」人の75.2%は、「婚約記念品があった」と回答。その一方で「プロポーズはなかった」人のうち「婚約記念品があった」のは56.8%に。「夫から妻に」プロポーズがあったカップルに比べると、「プロポーズがなかった」カップルの婚約記念品あり率は18.4ポイントも低くなることがわかりました。

やはりプロポーズは、これから始まる二人の未来への意思と決意の表明。その後の消費行動にも少なからず影響があるようです。

◆詳しくはこちら→soukenRN_100915.pdfをダウンロード

◆◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「リクルート ブライダル総研調べ」と明記いただけますようお願い申し上げます。また、ご使用に際してこちら「リクルート広報窓口」までご一報ください。。

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

最新記事
カテゴリで探す
ハネムーン(7)
ブライダルエステ(プレケア)(3)
プロポーズ(6)
二次会(4)
夫婦・結婚生活(20)
少子化に関するレポート(4)
恋愛(41)
披露宴(60)
挙式(62)
新生活(31)
結婚観(26)
結納・入籍(14)
自律的出会いの提言レポート(7)
調査で探す
婚姻組数予測
恋愛・婚活
結婚・結婚式
夫婦・家族
月別で探す
2019年09月
2019年08月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。