リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

結婚前に話しておくこと 。「お金」「役割分担」がキーポイント

夫婦・結婚生活夫婦関係調査

 株式会社リクルートが運営するブライダル総研より、『夫婦関係調査2011』(首都圏、東海、関西在住の20代から60代の既婚者及び離婚経験のある独身者、計1200人を対象)から見えてきた夫婦関係の状況や特徴に関する分析をお伝えします。

 結婚は異なる環境で育ってきた男女が生活を共にすることでもあります。付き合っている時には気にならなかったも結婚したら違ったというようなことを感じたご夫婦も多いのではないでしょうか。それでは、カップルは実際に夫婦生活を始める前に何を話しておけばよいのでしょうか。

① 「資産」や「異性との付き合い」などは暗黙の了解?話している人が少ない。

 『夫婦関係調査2011』で20代から60代の男女に、各項目について結婚前に話をしたかを聞いたところ、「結婚後に住む場所や住居形態について」や「結婚式について」は多くの人が“よく話した”ようです。どちらも決めなくてはならない機会やコトも多いため、よく話されていると思われます。

 一方で、話をしていないのは「お互いの資産(または借金)の状況について」「結婚後の仕事や家事・育児などの役割分担について」や「過去(結婚以前)の、恋愛経験や異性との関係について」「結婚後の異性との付き合い方について(禁止事項やルール)」でした。相手に聞きづらいということや、敢えて「結婚」のタイミングで聞く必要性がないためかもしれません。


②「お金」と「役割分担」をよく話しておくことが、夫婦満足にも影響。

 それでは結婚前に何を話しておけばよいのでしょうか。

 項目別に“話をしたか/話をしていないか”で、夫婦満足度を見てみると相対的に“よく話した”方が、夫婦満足度が高いと言えます。

 また、中でも「結婚後の生活全般について」「お互いの資産(または借金)の状況について」「結婚後の仕事や家事・育児などの役割分担について」は“よく話した”結果の満足度が高く、また“話をしたか/話をしていないか”で夫婦の満足度に差があるのも特徴です。 “話をしたか/話をしていないか”で満足度が異なるものとしては「婚約指輪・結婚指輪について」もあげられます。

 「お互いの資産(または借金)の状況について」「結婚後の仕事や家事・育児などの役割分担について」は“話をしていない”項目でありながら、“よく話した”場合とで満足度に差がある違う項目で、夫婦生活のためには重要な項目と言えそうです。言いづらい、聞きづらいこともきちんと話し合える関係性を築くことが、まず大事なのかも知れません。

◆詳しくはこちら→soukenRN_110720.pdfをダウンロード 

◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「リクルート ブライダル総研調べ」と明記いただけますようお願い申し上げます。また、ご使用に際してこちら「リクルート広報窓口」までご一報ください。

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

最新記事
カテゴリで探す
ハネムーン(7)
ブライダルエステ(プレケア)(3)
プロポーズ(6)
二次会(4)
夫婦・結婚生活(20)
少子化に関するレポート(4)
恋愛(41)
披露宴(60)
挙式(62)
新生活(31)
結婚観(26)
結納・入籍(14)
自律的出会いの提言レポート(7)
調査で探す
婚姻組数予測
恋愛・婚活
結婚・結婚式
夫婦・家族
月別で探す
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年04月
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。