リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

結婚式を通じて親が嬉しそうにしていたことは?

結婚トレンド調査

 株式会社リクルートの調査・研究組織であるブライダル総研より『ゼクシィ結婚トレンド調査2011 首都圏版』(結 婚前に首都圏に住んでいた『ゼクシィ』読者のうち、2010年4月~2011年3月に挙式もしくは披露宴・披露パーティを行った人、計1,024人を対象)から見えてきた、結婚や結婚式、カップルの特徴や変化に関する分析をお伝えします。

①結婚式を通じて親が最も嬉しそうだったのは「当日のサプライズ演出」

 『ゼクシィ結婚トレンド調査2011』で、昨年度結婚したカップルに結婚式を行うにあたって親が喜んでいたことを聞いてみると「当日、親にサプライズでプレゼントや演出を行ったこと」が59.7%で1位でした。

 結婚式における親との演出は、ギフトなどを贈るほかに挙式前に「ベールダウンをしてもらう」ことや披露宴・披露パーティで「入退場の際にエスコートをしてもらう」などが人気です。


②「ドレスを一緒に選んだこと」も1位とほぼ並ぶ。


 続いて親が嬉しそうだったのは「ドレス・衣裳を一緒に選んだこと」で58・2%と、1位のサプライズ演出とわずか1.5pt差と高い結果となっています。

 衣裳に関する親の関心は非常に高く、新婦の衣裳を選ぶ際に親が「高い興味・関心があった」人はが34.9%と実に3組に1組以上が高い興味があり、また、18.7%の親が「自ら望んで店に足を運んだ」ようです。

 親世代でも、ドレスに対する憧れが強く、また、自分のことをよく知っている親にアドバイスを貰うことは新婦にとってもとても心強いことのようです。

③披露宴・披露パーティを実施した理由1位は「親・親族に感謝を伝えるため」

 このように、結婚式をするにあたり、親とのイベントがたくさんあるのはなぜなのでしょうか。

 それは「披露宴・披露パーティを実施した理由」にありそうです。
披露宴・披露パーティを実施した理由の第1位は「親・親族に感謝の気持ちを伝えるため」72.8%。結婚式を行う理由がそもそも親・親族向けられていることなのです。

 結婚式は当日だけではなく、準備期間も親との絆を確認する機会となっているようです。

◆詳しくはこちら→soukenRN_111102.pdfをダウンロード
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「リクルート ブライダル総研調べ」と明記いただけますようお願い申し上げます。また、ご使用に際してこちら「リクルート広報窓口」までご一報ください。

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

最新記事
カテゴリで探す
ハネムーン(7)
ブライダルエステ(プレケア)(3)
プロポーズ(6)
二次会(4)
夫婦・結婚生活(20)
少子化に関するレポート(4)
恋愛(41)
披露宴(60)
挙式(62)
新生活(31)
結婚観(26)
結納・入籍(14)
自律的出会いの提言レポート(7)
調査で探す
婚姻組数予測
恋愛・婚活
結婚・結婚式
夫婦・家族
月別で探す
2019年11月
2019年09月
2019年08月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。