リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

今どきのデートの実態

恋愛恋愛・婚活・結婚調査

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する調査・研究組織のブライダル総研より、恋愛観調査2013に関する分析をお伝えいたします。

①デート費用は平均5,472円。今どきのデートの実態
 
もうすぐ夏休みシーズン。夏休みは恋人との絆が深まる機会なのではないでしょうか。 『恋愛観調査2013』にて、首都圏・東海・関西の20代~40代の恋人がいる男女に恋人との付き合い方について調査しました。

◆1人が支払う1回のデート費用  
    全体:平均5,472円 (男性:平均8,379円/女性:3,323円)

◆最も多いデートの行先(全体_上位3項目)
 
 ・お互いの家              :22.9%  
  ・カジュアルなレストランでの食事  :18.4%  
  ・ショッピング               :13.3%

◆恋人とのデートの頻度(全体_上位3項目)
  
・週に1~2日              :38.8%
  ・月に2~3日              :25.8%
  ・月に1日                :15.8%

 1回のデート費用は1人平均5,472円、週に1~2日デートをするというカップルが約4割でした。 さらに、最も多いデートの行先は「お互いの家」で22.9%でした。 貴重な休日は恋人とゆっくり過ごすカップルが多いようです。


②20代は電話よりメールでのコミュニケーションを好む
 また、普段の恋人とのコミュニケーション頻度についても調査しました。

◆恋人へのメールやSNS上でのやりとりを週1日以上行う  
  
(全体)79.4%   (20代:82.5% / 30代:76.2% / 40代:72.3%)

◆恋人への電話を週1日以上行う   
  
(全体)60.6%   (20代:57.7% / 30代:65.7% / 40代:62.7%)

 「恋人とのメールやSNS上のやり取り」を週1日以上行うと回答したのは、20代が他の年代よりも多い一方で、「恋人との電話」を週1日以上行うと回答したのは20代よりも他の年代が多いことが伺えます。  
 20代は直接話をするコミュニケーションより、相手の都合を気にせず、手軽にできるオンラインのコミュニケーションが主流になっているようです。



◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください→19SRN140723.pdfをダウンロード ◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「リクルート ブライダル総研調べ」と明記いただけますよう お願い申し上げます。 また、ご使用に際してこちら「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

最新記事
カテゴリで探す
ハネムーン(7)
ブライダルエステ(プレケア)(3)
プロポーズ(6)
二次会(4)
夫婦・結婚生活(20)
少子化に関するレポート(4)
恋愛(41)
披露宴(60)
挙式(62)
新生活(31)
結婚観(26)
結納・入籍(14)
自律的出会いの提言レポート(7)
調査で探す
婚姻組数予測
恋愛・婚活
結婚・結婚式
夫婦・家族
月別で探す
2019年11月
2019年09月
2019年08月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。