リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

約7割が挙式前に入籍。花嫁年齢が若いほどタイミングが早まる傾向も

結婚トレンド調査結納・入籍

 株式会社リクルートの調査・研究組織であるブライダル総研(所長:鈴木直樹)より、「ゼクシィ結婚トレンド調査2010」(2009年4月~2010年3月に挙式または披露宴を行った「ゼクシィ」読者全国7,748人が対象)からみえてきた、結婚や結婚式、カップルの特徴や変化に関する分析をお伝えします。

①約7割が「挙式日よりも前に入籍」!

 全国を対象に行った調査で、全体の71.6%の人が「挙式日よりも前に入籍」をしていることが分かりました。首都圏では「挙式日よりも前に入籍」 した人は全国平均よりも高く77.6%ですが、2004年調査の63.5%からは14.1ポイントも増加しており、ここ数年でも急激に増加していることがわかります。

②入籍のタイミングに地域差も。「挙式前」が多い東日本

 さらにこの結果を地域別に見てみると、「挙式日よりも前に入籍」した人は、「青森・秋田・岩手」83.6%、「北海道」82.9%、「宮城・山形」79.9%、「首都圏」77.6%など、東日本が他の地域よりも多い傾向があります。
 一方で「挙式当日に入籍」したという人が比較的多かったのは、「長野」30.6%、「四国」26.4%と、全国平均の16.3%と大きく差が開きました。その土地や地方に伝わるしきたりや伝統、考え方の違いなどが影響しているようです。

③妻年齢「24歳以下」では8割以上が「挙式前に入籍」。若いほど入籍が早い傾向に!

 同調査の首都圏の結果を年齢別に見てみると、どの年代でも「挙式日より前に入籍」する人の割合が1番多かったものの、なかでも24歳以下(妻年齢)では81.1%と圧倒的でした。25~29歳では78.3%、30歳以上では74.9%と、年齢が若いほど入籍のタイミングが早いことが分かります。親世代の考え方の変化が影響していそうです。

 同居の開始も年々早くなる傾向にあり、もはや「結婚式の同日に入籍、同居開始」は少数派に。夫婦になり一緒に生活をしながら、自分たちのペースで結婚式の準備をし、晴れて夫婦のお披露目をするというカップルが増えています。「結婚式」の意味も、「結婚生活のスタート」から「自立した夫婦としての姿のお披露目」に、少しずつ変わっていっているのかもしれません。

◆詳しくはこちら→soukenRN_101215.pdfをダウンロード
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「リクルート ブライダル総研調べ」と明記いただけますようお願い申し上げます。また、ご使用に際してこちら「リクルート広報窓口」までご一報ください。

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

最新記事
カテゴリで探す
ハネムーン(7)
ブライダルエステ(プレケア)(3)
プロポーズ(6)
二次会(4)
夫婦・結婚生活(20)
少子化に関するレポート(4)
恋愛(41)
披露宴(60)
挙式(62)
新生活(31)
結婚観(26)
結納・入籍(14)
自律的出会いの提言レポート(7)
調査で探す
婚姻組数予測
恋愛・婚活
結婚・結婚式
夫婦・家族
月別で探す
2019年09月
2019年08月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。