リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

披露宴の「席札」、誰が作っているの?

披露宴結婚トレンド調査

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する調査・研究組織のブライダル総研より、トレンド調査2013に関する分析をお伝えいたします。

①席札は手作り派と業者へ依頼派が、約半数ずつ。

披露宴で目にする、ゲストを席へと案内する「席札」。
手書き風であったり、それぞれのゲストへのメッセージ入りだったり、最近では様々な形があるようですが、
実際は誰が作っているのでしょうか?

『ゼクシィ結婚トレンド調査2013』にて、首都圏エリアで2012年4月~2013年3月までに
結婚式(挙式もしくは披露宴・披露パーティ)を実施した人に席札の制作に関して聞きました。

その結果、手作りした人が46.9%、制作を業者に依頼したといういう人が52.1%という回答でした。
その中で45.5%の人が、披露宴を実施する会場か会場の提携する業者に依頼していました。

会場の雰囲気などを把握している業者へ依頼すると、披露宴のイメージに合ったものが出来上がるという
安心感もあるのかも知れません。


②手作り派は、インターネット通販で材料を買う人が増加。

約半数の「席札」を手作りした人の、材料の購入先は、「インターネット通販」の40.8%が最も多く、
その他は、大型雑貨店の22.9%、ペーパー専門店16.8%となっています。

「インターネット通販」での材料購入は、前年度から6.8ポイントUPしており、
手軽に好きなデザインを探している人も増えているようです。

手作り派のものでも、会場の業者が制作したものでも、
「席札」を見れば、カップルが作り出したい披露宴のイメージが分かるかも知れません。

披露宴に呼ばれるゲストには、「席札」のデザインからも二人らしさを感じて、楽しんでもらいたいものです。

◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください→SRN140306.pdfをダウンロード

◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「リクルート ブライダル総研調べ」と明記いただけますよう お願い申し上げます。 また、ご使用に際してこちら「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください

この記事をシェアする

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「株式会社リクルートお問い合わせ窓口」までご一報ください。

最新記事
カテゴリで探す
ハネムーン(7)
ブライダルエステ(プレケア)(3)
プロポーズ(6)
二次会(4)
夫婦・結婚生活(20)
少子化に関するレポート(4)
恋愛(41)
披露宴(60)
挙式(62)
新生活(31)
結婚観(26)
結納・入籍(14)
自律的出会いの提言レポート(7)
調査で探す
婚姻組数予測
恋愛・婚活
結婚・結婚式
夫婦・家族
月別で探す
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年09月
2019年08月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。