リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

披露宴会場を選ぶ際の重視点、1位は「会場の雰囲気」

披露宴結婚トレンド調査

 株式会社リクルートの調査・研究組織であるブライダル総研より『ゼクシィ結婚トレンド調査2011 首都圏版』(結 婚前に首都圏に住んでいた『ゼクシィ』読者のうち、2010年4月~2011年3月に挙式もしくは披露宴・披露パーティを行った人、計1,024人を対象)から見えてきた、結婚や結婚式、カップルの特徴や変化に関する分析をお伝えします。

① 披露宴・披露パーティ会場を決定する際の重視点、1位は「会場の雰囲気」

  『ゼクシィ結婚トレンド調査2011』によると、首都圏のカップルが披露宴・披露パーティの会場を決める際の重視点の1位は「披露宴・披露パーティ会場の雰囲気が良いこと」2位が「交通の便が良いこと」3位が「料理」でした。

 1位 披露宴・披露パーティ会場の雰囲気が良いこと
 2位 交通の便が良いこと
 3位料理
 4位希望する場所、地域にあること
 5位チャペル・神殿等の挙式会場の雰囲気が良いこと


②「演出」と「料理」、年齢で異なる重視点。


 会場決定の重視点を年齢別にみてみると、20代では「希望する演出が可能であること」「付帯設備が充実していること」など演出にまつわる項目が高く、実際に披露宴で行った演出を決定する際に心がけたことでも「自分らしさを表現できること」「列席者を退屈させないこと」「感動的な挙式、披露宴・披露パーティにすること」などが30歳以上よりも20代で高くなっています。
 一方で30歳以上では「料理」に関してよりこだわる傾向にあり、会場決定でも最も重視する項目となっています。また、料理のメニューを選ぶ際の重視点でも「味」「見た目」「列席者にあうか」などの項目が30歳以上で高くなっています。

③“ 婚礼担当者”も会場決定の重要ポイント

 会場見学など披露宴・披露パーティ会場を訪問する際の重視点と実際に会場を決定する際の重視点との差を見てみると、ほとんどの項目で会場に訪問する際の重視点のほうが高く、また上位6位の順位も変わりません。多くのカップルが会場を訪問する前に自分達のこだわりに見合った会場選びをしていることがうかがえます。
 そんな中で訪問する際よりも決定時の方が高く、順位も上がるのが「婚礼担当者の接客が良いこと」です。それぞれのカップルに結婚式に対する想いがあるからこそ「婚礼担当者」が心強い味方となってくれるかが会場決定の重要ポイントとなっているのかもしれません。

◆詳しくはこちら→soukenRN_120111.pdfをダウンロード
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「リクルート ブライダル総研調べ」と明記いただけますようお願い申し上げます。また、ご使用に際してこちら「リクルート広報窓口」までご一報ください。
-

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

最新記事
カテゴリで探す
ハネムーン(7)
ブライダルエステ(プレケア)(3)
プロポーズ(6)
二次会(4)
夫婦・結婚生活(20)
少子化に関するレポート(4)
恋愛(41)
披露宴(60)
挙式(62)
新生活(31)
結婚観(26)
結納・入籍(14)
自律的出会いの提言レポート(7)
調査で探す
婚姻組数予測
恋愛・婚活
結婚・結婚式
夫婦・家族
月別で探す
2019年09月
2019年08月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。