リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

『私たち、結婚しました』という報告ハガキ、送っているカップルは何割くらい?

新生活結婚トレンド調査

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:鬼頭秀彰)が運営する調査・研究組織のブライダル総研より、『ゼクシィ結婚トレンド調査2012首都圏版』から見えてきた結婚指輪に関する分析をお伝えいたします。

①「結婚報告ハガキ」送付は、約5割だが、減少傾向。

『ゼクシィ結婚トレンド調査2012』にて、2011年4月~2012年3月までに結婚式(挙式もしくは披露宴・披露パーティ)を
実施した人の「結婚報告ハガキ」の送付状況を聞いたところ、「出した(出す)」と答えた人は46.0%でした。

「結婚報告ハガキ」の送付状況は、約半数のカップルが実施しているということになりますが、時系列で見ると、
その送付率は減少傾向にあります。

2009年は「出した(出す)」と回答した人が56.0%でしたので、4年の間に、ハガキで結婚報告をするカップルが
10ポイント少なくなっていることが分かります。 



②妻が30歳以上であると、送付率が上がる。

 
「結婚報告ハガキ」を「出した(出す)」率を、妻の年齢別に比較してみると、
妻が24歳以下の場合で44.7%、25~29歳の場合は43.8%でした。
妻が30歳以上になると52.5%まで上がります。

ただ、「結婚報告をする」という行為を、若い人がしなくなってきたということでは無さそうです。
SNSを利用したり、結婚した次の年の年賀状をカップルの手作りで、結婚報告を兼ねたデザインにしたり、
ハガキの代わりにふたりらしい自筆の手紙にしたりするなど、
様々な報告の形が出てきたということなのかも知れません。 




◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください→SRN130327.pdfをダウンロード

◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「リクルート ブライダル総研調べ」と明記いただけますよう
 お願い申し上げます。
 また、ご使用に際してこちら「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

最新記事
カテゴリで探す
ハネムーン(7)
ブライダルエステ(プレケア)(3)
プロポーズ(6)
二次会(4)
夫婦・結婚生活(20)
少子化に関するレポート(4)
恋愛(41)
披露宴(60)
挙式(62)
新生活(31)
結婚観(26)
結納・入籍(14)
自律的出会いの提言レポート(7)
調査で探す
婚姻組数予測
恋愛・婚活
結婚・結婚式
夫婦・家族
月別で探す
2019年11月
2019年09月
2019年08月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。